「あなたの特命取材班(あな特)」は、個人・地域の困り事から行政や企業の不正告発まで、読者の情報提供や要望に応えるオンデマンド調査報道を目指します。インターネットには今、真偽不明の情報があふれています。すべての疑問に答えを見つけるのは難しいかもしれませんが、新聞社の取材力と取材網を生かし、真相や時代背景をあぶり出したいと考えています。「あなた」のために取材して書いた記事が多くの人の役に立ち、社会がより良い方向へ進めば、大きな喜びです。取材班一同、「あなた」の期待に応えられるように走ります。西日本新聞 編集局 「あなたの特命取材班」

「あなたの特命取材班」は、暮らしの疑問や地域の困り事から行政・企業の不正告発まで、読者の情報提供や要望に応えるオンデマンド調査報道を目指します。
インターネットには今、真偽不明の情報があふれています。すべての疑問に答えを見つけるのは難しいかもしれませんが、新聞社の取材力と取材網を生かし、真相や時代背景をあぶり出したいと考えています。

「あなた」のために取材して書いた記事が多くの人の役に立ち、社会がより良い方向へ進めば、大きな喜びです。取材班一同、「あなた」の期待に応えられるように走ります。

西日本新聞編集局「あなたの特命取材班」

あなたの特命取材班

「あなたの特命取材班」(あな特)は、読者と記者がSNSでつながり、暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正告発まで、あなたの「知りたい」に新聞社の取材力でこたえる「オンデマンド調査報道」に挑んでいます。

インターネット上で真偽不明の情報が飛び交う現代。すべての疑問に答えを見つけるのは難しいかもしれません。それでも、記者たちがあなたの「特命」に奔走して書いた記事が多くの人々の役に立ち、日々の生活や社会の改善につながればと願っています。

西日本新聞 編集局「あなたの特命取材班」

CMできました

取材した記事

あな特パートナー取材記事

取材リクエストの投稿方法

あな特パートナーも共に取材します!

北海道新聞 岩手日報社 河北新報 東京新聞 まいどなニュース 京都新聞 中國新聞 琉球新聞 テレビ西日本 FM福岡
あな特パートナーとは?
 西日本新聞はオンデマンド調査報道の充実に向けて、北海道新聞、岩手日報、河北新報、東京新聞、京都新聞、中国新聞、テレビ西日本、エフエム福岡、琉球新報と連携協定を結んでいます。
「あなたの特命取材班」に寄せられる調査依頼や内部告発のうち、九州エリア外に関するものなどは各社と情報を共有。本紙の記事と、北海道新聞の「みんなで探る ぶんぶん特報班」岩手日報の「特命記者−あなたの疑問、徹底解明−」、河北新報の「読者とともに 特別報道室」、東京新聞の「ニュースあなた発」、京都新聞の「読者に応える」、関西発のニュースサイト・まいどなニュースの「どなどな探検隊」、中国新聞の「こちら編集局です あなたの声から」、琉球新報の「りゅうちゃんねる~あなたの疑問に応えます」の記事を相互交換し、新聞や自社のウェブサイトに随時掲載します。情報の取り扱いには十分注意し、取材源の秘匿は厳守いたします。ご了承のうえ、取材リクエストをお送りください。
 地域に根ざしたローカルメディア同士が協働すれば、より深く真相に迫ることができ、社会が黙殺できない影響力を持つことにもつながります。ますますパワーアップする「あな特」にご期待ください。

知りたいことや困っていることについて、あなたの特命取材班(あな特)へご要望や情報をお寄せください。以下のいずれかの方法でご連絡ください。

LINE@ LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってチャットしてください。
専用フォーム こちらから投稿してください。
Twitter 「#あなたの特命取材班」ハッシュタグを付けて投稿してください。
Facebook 「#あなたの特命取材班」ハッシュタグを付けて投稿してください。
専用FAX 西日本新聞あなたの特命取材班 092-711-5110
郵便 〒810-8721
西日本新聞社編集局「あなたの特命取材班」係
※郵便番号で住所不要

取材を受けました

Yahoo!ニュースのオウンドメディア『newsHACK』に『あなたの特命取材班』の取り組みを取り上げていただきました。

SNSでつながる、取材力でこたえる 西日本新聞の調査報道「あなたの特命取材班」の挑戦

2018年4月13日
SNSでつながる、取材力でこたえる 西日本新聞の調査報道「あなたの特命取材班」の挑戦

 今年1月、九州7県をカバーするブロック紙・西日本新聞が「あなたの特命取材班(以下「あな特」)」という企画を始めました。LINEなどのSNSを使って読者から情報を集め、双方向コミュニケーションで記事化を目指す、調査報道の実験的な試みです。

>> 続きを読む

Twitter 西日本新聞社会部